ビジネスローンで効率的に資金調達

これからビジネスローンで効率的に資金調達を検討されている方に見ておいてほしい情報を集めました。

カードローンの借り換えのデメリット

   

クレジットカード

借り換えによって金利負担を軽減させる

カードローンは急にお金が必要になった場合にも、即座に対応出来る便利なサービスです。しかし、急いで利用した為にサービス内容をあまり比較検討せずに、カードローンを選んでしまっている方も多いです。

実はもっと低い金利で融資を受けることが可能な場合もありますので、一度契約内容を確認してみることも必要です。もし各社のサービス内容を調べた結果、もっと低い金利で融資を受けられることが分かった場合には、カードローンの借り換えを検討することも必要となります。

借り換えとは、現在利用しているカードローンの残債を、新たに契約したカードローンの融資によって一括返済してしまうことです。

これまで利用していた融資よりも、低い金利で借り換えを行うことによって、金利負担を減少させられるメリットがあります。

借り換えのデメリットについて

ローンの借り換えは上手に活用すればデメリットは存在しませんが、場合によってはデメリットとなってしまうケースもあります。

カードローンは一般的に住宅ローンなどのように、繰り上げ返済の際に手数料が必要となることはありませんので、低い金利で新たに契約をすれば金利差の分だけの利息負担を減少させることが出来ます。

しかし、新規契約の際にこれまでの返済方法と異なる契約内容にすることによって、利息負担が増えてしまう恐れがあります。

もし新規の契約でこれまでよりも低い約定返済額が設定されれば、月々の返済負担が減少する反面、返済期間が延びて利息負担が増えてしまうことになります。

ですので、約定返済額が低いカードローンと契約出来たからといって、その最低返済額のみを返済し続けることはあまり得策ではありません。

アコムのカードローンについて

アコムには通常のカードローンに加えて、借り換え専用のローン商品が用意されております。消費者金融の場合は貸金業方の総量規制によって年収の3分の1までの融資しか受けることが出来ませんが、この借り換え専用ローンを利用すれば年収の3分の1を超える融資を受けることが出来ますので、おまとめローンとしても活用することが出来ます。

ただし、金利に関してはアコムの通常のカードローンと比べてそれほど有利に設定されている訳ではありませんので、もっと低い金利で融資を受けて利息負担を減少させたい場合は、銀行で融資を受けることを検討することも必要となります。

尚、このローンはインターネット上で申し込むことが出来ませんので、店舗窓口もしくは自動契約機まで行くことが必要となりますので、多少手続きに手間がかかります。

参考資料※Tカード プラス https://cashing-reports.com/20969/

 - リンク